読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Ubuntu】Ubuntu Desktop日本語Remix Ubuntu 13.10 64ビット版へGMTバージョン4をインストールする

現在の最新版のUbuntuである13.10(ただし、Ubuntu Desktop日本語Remixの64ビット版)に、現在の最新版GMTバージョン4であるGMT 4.5.12をインストールする。

ちなみに、パッケージgmtを使うことでgmtは簡単にインストールすることはできる(バージョンは4.5.9)。だが、これでインストールしたgmtは、(1)pscoastで海岸線を描画すると所々に変な直線が描画される、(2)psveloで描画する矢印の大きさがめちゃくちゃになる、という原因不明のバグがあるため、使用しない方がよい。

はじめに、パッケージgmtを削除しておくこと。

$ sudo apt-get remove gmt

公式ホームページから専用のシェルスクリプトをダウンロードする。GMTのバージョン4のホームページはここ。

http://gmt.soest.hawaii.edu/gmt4/

インストール用のシェルスクリプトはこのページにある。

http://gmt.soest.hawaii.edu/gmt4/gmt/gmt_install_form.html

このページにあるファイルinstall_gmt4.shをダウンロードする。このファイルをインストール用に作成した適当なディレクトリに置く。

GMTをインストールするには、netcdfとgdalが必要。必要パッケージをインストールする。まずは、netcdf。

$ sudo apt-get install libnetcdf-dev

次にgdal。

$ sudo apt-get install gdal-bin
$ sudo apt-get install libgdal-dev
$ sudo ./install_gmt4.sh

多数の問いに回答すれば(ほとんどがEnterキーを押すのみ)、自動的にインストールが始まる。注意点は以下のとおり。

GSHHG(海岸線のデータ)のインストール先を聞かれたとき(Enter directory where GSHHG version 2.3.0 should be placed [○○]:)は、あらかじめ/home/gshhgなど専用ディレクトリを作成しておいて、そのディレクトリを指定した方がよい。なお、GSHHGについてはバージョン2.3.0がインストールされる。

実行ファイルのインストール先を聞かれたとき(Directory for GMT4 executables? [○○/gmt-4.5.12/bin]:)は、おそらくこの○○にはインストール用シェルスクリプトを置いたディレクトリが書かれているはず。この実行ファイルのインストール先は/usr/local/gmt-4.5.12/binとしておいたほうが無難。なお、ここでそう指定すると、次以降のインクルードファイルのディレクトリなども自動的に/usr/local/gmt-4.5.12以下にインストールされるようにデフォルトで表示されるようになる。

初期状態で作成されるファイル形式を聞かれたとき(Do you prefer PS or EPS as default PostScript output (p/e) [p])は、eとしてEPSファイルにしたほうがよい。

インストール完了後には環境変数PATHに実行ファイルのパス(上の例では/usr/local/gmt-4.5.12/bin)を追加しておくこと。MANPATHは特に追加せずとも自動で追加される。ただし、manコマンドで閲覧できるマニュアルには、なぜかバージョンが4.5.13と書かれている。