Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【PowerShell】ファイルの更新日時を更新する

Set-ItemPropertyコマンドレットを使う。以下は、あるファイルの更新日時(エクスプローラーでデフォルトで表示されている日時)を更新した例。spはSet-ItemPropertyコマンドレットのエイリアス

> dir text.txt
    Directory: ○○
Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a---          2022/08/17    23:32             34 text.txt
> sp text.txt -Name LastWriteTime -Value "2030-01-23 12:34:56"
> dir text.txt
    Directory: ○○
Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a---          2030/01/23    12:34             34 text.txt

Linuxのtouchコマンドのようにコマンド実施時点の日時に更新する場合は、以下のようにGet-Dateコマンドレットを組み合わせる。

> sp text.txt -Name LastWriteTime -Value $(Get-Date)
> dir text.txt
    Directory: ○○
Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a---          2022/08/17    23:35             34 text.txt

なお、ファイルを右クリック→「プロパティ」で表示される「作成日時」と「Access日時」のプロパティ名は、それぞれCreationTimeとLastAccessTime。これらも上記の手順で簡単に書き換えることができる。

> sp text.txt -Name CreationTime -Value "1970-01-01 02:04:06"
> sp text.txt -Name LastAccessTime -Value "2050-12-31 23:59:59"

【PowerShell】ファイルのプロパティ一覧を得る

Get-ChildItemコマンドレットとGet-Memberコマンドレットを組みあせて使う。以下は、エクスプローラー本体(explorer.exe)のプロパティを一覧表示させた例。gciはGet-ChildItemの、gmはGet-Memberのそれぞれエイリアス

> gci C:\Windows\explorer.exe | gm -type Property
   TypeName: System.IO.FileInfo
Name              MemberType Definition
----              ---------- ----------
Attributes        Property   System.IO.FileAttributes Attributes {get;set;}
CreationTime      Property   datetime CreationTime {get;set;}
CreationTimeUtc   Property   datetime CreationTimeUtc {get;set;}
Directory         Property   System.IO.DirectoryInfo Directory {get;}
DirectoryName     Property   string DirectoryName {get;}
Exists            Property   bool Exists {get;}
Extension         Property   string Extension {get;}
FullName          Property   string FullName {get;}
IsReadOnly        Property   bool IsReadOnly {get;set;}
LastAccessTime    Property   datetime LastAccessTime {get;set;}
LastAccessTimeUtc Property   datetime LastAccessTimeUtc {get;set;}
LastWriteTime     Property   datetime LastWriteTime {get;set;}
LastWriteTimeUtc  Property   datetime LastWriteTimeUtc {get;set;}
Length            Property   long Length {get;}
Name              Property   string Name {get;}

【Linux】gzip形式でファイルを圧縮(展開)する

gzipコマンドを使う。圧縮にはそのまま、展開には-dオプションを付ける。以下は、text.txtというテキストファイルを圧縮して、展開した例。

$ ls -l text.txt
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 270  8月 11 23:39 text.txt
$ cat text.txt
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ gzip text.txt
$ ls -l text.*
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 87  8月 11 23:39 text.txt.gz
$ gzip -d text.txt.gz
$ ls -l text.*
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 270  8月 11 23:39 text.txt

gzipコマンドによる圧縮は、指定したファイルを圧縮して、ファイルを「ファイル名.gz」というファイル名のファイルに置き換える。このファイルが圧縮されたファイル。この圧縮されたファイルを元に戻す(展開)には、-dオプションを付けてgzipコマンドを使う。

【Linux】compress形式でファイルを圧縮(展開)する

圧縮にはcompressコマンド、展開にはuncompressコマンドを使う。以下は、text.txtというテキストファイルを圧縮して、展開した例。

$ ls -l text.txt
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 270  8月 11 23:39 text.txt
$ cat text.txt
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ compress text.txt
$ ls -l text.*
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 165  8月 11 23:39 text.txt.Z
$ uncompress text.txt.Z
$ ls -l text.*
-rw-rw-r-- 1 ○○ ○○ 270  8月 11 23:39 text.txt

compressコマンドは、指定したファイルを圧縮して、ファイルを「ファイル名.Z」というファイル名のファイルに置き換える。このファイルが圧縮されたファイル。この圧縮されたファイルを元に戻す(展開)には、uncompressコマンドを使う。

【Windows】目的のホストへの接続状態を調べる

pingコマンドを使う。コマンドプロンプトでもPowerShellでもどちらでも使える。

>ping www.yahoo.co.jp
edge12.g.yimg.jp [182.22.16.251]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
182.22.16.251 からの応答: バイト数 =32 時間 =18ms TTL=53
182.22.16.251 からの応答: バイト数 =32 時間 =20ms TTL=53
182.22.16.251 からの応答: バイト数 =32 時間 =22ms TTL=53
182.22.16.251 からの応答: バイト数 =32 時間 =19ms TTL=53
182.22.16.251 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 18ms、最大 = 22ms、平均 = 19ms

【Linux】ネットワーク上のホストに関するDNS情報を表示する

hostコマンドを使う。

$ host www.yahoo.co.jp
www.yahoo.co.jp is an alias for edge12.g.yimg.jp.
edge12.g.yimg.jp has address 182.22.28.252
$ host www.google.co.jp
www.google.co.jp has address 142.250.207.3
www.google.co.jp has IPv6 address 2404:6800:4004:827::2003

【PukiWiki】左側のメニューを編集する

  1. 上部メニューから「一覧」をクリック。アルファベット順にページのタイトルが表示される。
  2. 「MenuBar」ページを探して、それをクリック。左側のメニューが中央に表示されるはず。
  3. 上部メニューから「編集」をクリックすることで、編集できる。以降は、通常の編集手順と同じ。