読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Samba】Vine Linux 4.2でSamba(さんば)をつかう

インストール直後は使えない。スーパーユーザーになり、apt-getでsambaパッケージをインストールする。

$ su パスワード(P):(スーパーユーザーのパスワードを入力) # apt-get install samba

これでSambaがインストールされた。Sambaを実行する。

# /etc/init.d/smb start
SMBサービスを起動中:                                       [  OK  ]
NMBサービスを起動中:                                       [  OK  ]

ファイアウォールが恐らく設定されているだろう。そのため、このままでは他のコンピュータからはつながらない。Sambaについては例外設定を行う。

# /usr/bin/system-config-securitylevel-tui

テキストベースのメニューが表示されるが、Tabキーを使用してカーソルを移動させて「カスタマイズ」のところでEnterキーを押す。そうすると、以下のようなメニューが表示されるはず。

+------------------ ファイアウォール設定 - カスタマイズ -------------------+
|                                                                          |
| 2つの方法でファイアウォールをカスタマイズすることができます。1           |
| つは、特定のネットワークインターフェースからの全てのトラフィッ           |
| クを許可するよう選択することです。2つ目は、明示的にファイアウォ          |
| ールを通過させる特定プロトコルの許可です。「imap:tcp」の様な           |
| 「サービス:プロトコル」の形式で追加のポートを指定します。                |
|                                                                          |
| 信頼できるデバイス:  [ ] eth0 [ ] eth1                                   |
|                                                                          |
| マスカレードデバイス [ ] eth0 [ ] eth1                                   |
|                                                                          |
|                      [*] SSH                [ ] telnet [*] FTP           |
| 受信を許可:          [*] WWW (HTTP)         [ ] Samba  [ ] メール(SMTP)  |
|                      [ ] Secure WWW (HTTPS) [ ] NFS4                     |
|                      その他のポート _________________________            |
|                                                                          |
+--------------------------------------------------------------------------+

Tabキーを使用してSambaの[ ]に*を付けて(当該箇所でスペースキーを押す)、最後に「OK」。

前のメニューに戻るのでここでも「OK」。これで使えるようになる。

Windowsでつながるかどうか確認をする。上記のサーバーのIPアドレスが仮に123.456.789.123であったとすれば、Windowsのアドレスで以下のように打ち込む。

\\123.456.789.123

ここで接続に成功すれば、タイトルが「Windowsセキュリティ」というダイアログボックスが表示されて、「ネットワーク資格情報の入力」ということで、ユーザー名とパスワードの入力を求められる。ここまでくればとりあえずシステムの設定は完了。

なお、Sambaのインストール直後は個別の設定も全くされていないので、接続こそ成功しているものの、恐らくフォルダーを見たりすることは全くできないはず。上記の状態で既にあるユーザーのユーザー名とパスワードを入力してもサーバー内のフォルダーは見れない(「ユーザー名またはパスワードが正しくありません。」と言われる)。これについては、個別の設定が必要。

LinuxのユーザーとSambaユーザーを関連づける。

# smbpasswd -a ○○

○○にSambaで接続をしたいユーザー名を入力する。パスワードの入力(と再入力)を求められるが、ここでパスワードを入力する。これでSambaユーザーが作成され、Sambaで接続できるようになる。パスワードはLinuxのユーザーと同じでもかまわないし、変えてもよい。ここで入力したパスワードで接続することになる。