読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Windows 8】Windows 8のストアからWindows 8.1にアップデートしようとすると「Windows 8.1のインストールを完了できませんでした」、「問題が発生したため、Windows8.1のインストールを完了できません。」と表示されてアップデートに失敗する

Windows 8

Windows 8のストアからWindows 8.1にアップデートしようとして、手順を進めて紫色の「ダウンロード」ボタンを押すと、画面最上部に左から右に緑色の丸が5つ流れて表示されるが、数分経過すると、「Windows 8.1のインストールを完了できませんでした」、「問題が発生したため、Windows8.1のインストールを完了できません。」と表示されて先に進まず、アップデートに失敗することがある。

あるいは、画面左上に「インストール」と表示されてダウンロードが開始されるものの、数分経過後にオレンジ色の文字で「このアプリはインストールされませんでした。詳細を確認してください。」と表示されて先に進まない。

このようになる要因は、インターネットへの接続がうまくいっていない可能性が高く、その原因は会社などでの作業であれば、プロキシーサーバーへの接続がうまくいっていない可能性が高い。

Windowsでは、プロキシーサーバーはInternet Explorerで設定した設定と、内部的に持っている設定の2つが存在する。Windows 8.1へのアップデートは後者の内部的な設定を使用するため、インターネットができているからと行ってうまくいくとは限らない。そのため、内部で保持するプロキシーの設定を変更する。

 

まず、現在の状態を確認する。どこでもよいのでフォルダーを開く。

ウィンドウの上部にあるタブ「ファイル」をクリック。

コマンドプロンプトを開く」の横にある横三角をクリック。

コマンドプロンプトを管理者として開く」をクリック。

画面が暗くなりダイアログボックスが表示され、「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と確認される。「OK」ボタンを押す。

現在の状態を確認するために、以下のように入力する。恐らく、以下のように表示されるだろう。

> netsh winhttp show proxy
現在の WinHTTP プロキシ設定:

    直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。

この状態では、内部的な設定ではプロキシーサーバーにつながない設定になっている。そこで、以下のようにコマンドを実行することで、インターネットエクスプローラーで設定したプロキシーの設定を、内部的な設定に設定することができる。

> netsh winhttp import proxy source=ie
現在の WinHTTP プロキシ設定:

    プロキシ サーバー:  proxy.×××.co.jp
    バイパス一覧     :  ×××

インターネットエクスプローラーと同じ設定が表示されるはず。これで、内部的なプロキシーの設定も設定されたので、これでWindows 8.1へアップデートできるようになるはず。

 

Microsoft Windows 8.1 Microsoft Windows 8.1 Pro Windows 8.1完全制覇パーフェクト 速効!図解 Windows 8.1総合版 (速攻!図解シリーズ) できるWindows 8.1 (できるシリーズ) Windows 8.1 パーフェクトマニュアル 今すぐ使えるかんたん Windows 8.1 Windows8.1 これ1冊で完全理解 (日経BPパソコンベストムック) Windows8.1をすぐに使いこなす本 (100%ムックシリーズ) ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! 速効!パソコン講座 Windows 8.1