読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【MIcrosoft Excel 2007】エクセル 2007()でマクロ有効ワークシート(.xlsm)開くと、「セキュリティの警告 マクロが無効にされました。」と表示される。

Microsoft Office

MIcrosoft Excel 2007でマクロが有効なワークシート(.xlsでマクロを含むファイル、もしくはExcel 2007の.xlsmファイル)を開くと、「セキュリティの警告 マクロが無効にされました。」と表示され、マクロが自動で有効にならない(使えない)ことがある。

この場合、このメッセージの隣の「オプション」を押して、「このコンテンツを有効にする」を選んで、「OK」ボタンを押さないと、マクロが有効にならない(使えない)。

この警告メッセージが煩わしい時は、以下のような設定をすればこの警告メッセージが出なくなる。

  1. オフィスボタン→「Excelのオプション」。出てきたダイアログの左のメニューの、「セキュリティ センター」選択。「セキュリティ センターの設定」ボタンをクリック。
  2.  出てきたダイアログの左側のメニューから、「信頼できる場所」を選択。このとき、右側に表示されるフォルダにある、マクロが格納されているファイルは、開く時に上記警告を出さなくなる。そのため、下の「新しい場所の追加」ボタンをクリック。
  3. ここでフォルダを指定して「OK」ボタンを押すこと。ここで指定したフォルダーにあるエクセルのファイルは、マクロが格納されても、警告メッセージを出さなくなる。「この場所のサブフォルダも信頼する」にチェックを入れると、この指定のフォルダ内にあるフォルダのエクセルのファイルを開く時も、警告メッセージを出さなくなる。アンチウイルスソフト等で検知できない悪意のあるファイルをここに置くと、不要のトラブルが発生するため、十分注意すること。
  4. 「OK」ボタンを押して、「セキュリティ センター」ダイアログを閉じる。
  5. 「OK」ボタンを押して、「Excelのオプション」ダイアログを閉じる。