読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【一太郎2014 徹】バックアップファイル(.$td)を自動作成されないようにする

一太郎

一太郎2014 徹」に限らずこれまでの一太郎シリーズは、インストール直後にバックアップファイルを自動で作成する設定になっている。そのため、インストール直後のままにファイルを保存すると、保存をしたファイルと同じフォルダーに、拡張子が「.$td」というファイルが自動で作成される。

このファイルはその名のとおりバックアップファイルであり、保存をする前の状態を保存しているファイルに過ぎない。よって、このファイルは消しても問題ない。

フォルダー分けすることによってファイルを管理している場合、このようなバックアップファイルの自動作成は煩わしいときがある。そのような場合は、自動作成されないように設定すればよい。

  1. メニュー「ツール」→「オプション」→「オプション」で、オプションのダイアログボックスが表示される。
  2. 左側のメニューの「ファイル操作」→「保存処理」を選択すると、右側にいろいろ表示される。この中の上から4番目の「上書保存時にバックアップファイルを作成する」が「する」になっているはずなので、これを「しない」に変える。
  3. 左側のメニューの「ファイル操作」→「自動バックアップ」を選択すると、右側にいろいろ表示される。この中の「自動バックアップを行う」が「する」になっているはずなので、これを「しない」に変えて「OK」ボタンを押せばよい。