読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【TeX】dvipdfmxでPDFファイルを作るときにMS明朝やMSゴシックのフォントを埋め込む

まず、MSゴシックとMS明朝のフォントを用意する。

C:\Windows\Fonts\msmincho.ttc
C:\Windows\Fonts\msgothic.ttc

このmsmincho.ttcとmsgothic.ttcをdviファイルと同じディレクトリに置く。

以下のようなファイルをテキストエディターで作成する。ここではms.mapとする。

rml   H  msmincho.ttc
rmlv  V  msmincho.ttc
gbm   H  msgothic.ttc
gbmv  V  msgothic.ttc

これもdviファイルと同じディレクトリに置く。これで、dvipfmxコマンドに-fオプションを付けて起動をすればフォントを埋め込んだPDFファイルを作ることができる。ocument.dviをPDFファイルにするときは、以下のようになる。

$ dvipdfmx -f ms.map document.dvi

以下は実行例。

$ dvipdfmx -f ms.map document.dvi
document.dvi -> document.pdf
[1
** WARNING ** Removed 9 null character(s) from fontname --> MS-Gothic
]
** WARNING ** UCS-4 TrueType cmap table...

○○ bytes written

なお、作成したPDFファイルにMS明朝、MSゴシックが埋め込まれるのは都合が悪い時は以下のようにする。以下のようにすると、MS明朝、MSゴシックフォントを使用するという情報だけが書き込まれフォント自体は埋め込まれないPDFファイルを作ることができる。

mapファイルのフォント名の前に「!」(感嘆符、エクスクラメーションマーク)を付ける。

以下のようなmapファイルを使用すれば、PDFファイルにMS明朝やMSゴシックは埋め込まれない。埋め込まれはしないが、パソコンにMS明朝やMSゴシックがインストールされているコンピューターで開いたときは、フォントがMS明朝やMSゴシックになる。

rml   H  !msmincho.ttc
rmlv  V  !msmincho.ttc
gbm   H  !msgothic.ttc
gbmv  V  !msgothic.ttc

[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門 LATEXはじめの一歩―Windows8/7対応 (やさしいプログラミング) 独習 LaTeX2ε LaTeX2e辞典 用法・用例逆引きリファレンス (DESKTOP REFERENCE) LATEX論文作成マニュアル―「論文」の書き方と「LATEX」の使い方 (I・O BOOKS) 学生・研究者・技術者のためのLATEXを用いた論文作成術 LATEXはじめの一歩―Windows 7/Vista/XP対応 (やさしいプログラミング)