読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【PowerShell】環境変数を確認する

以下の3つのコマンドレットを使用する。

Set-Location(エイリアス:sl) … 現在のドライブを変更する
Get-ChildItemn(エイリアスgc) … 環境変数の一覧を得る
Get-Contentn(エイリアス:gci) … 環境変数を表示する

以下は、環境変数の一覧を画面表示させ、環境変数OSとwindirを画面表示させる例。

PS C:\> Set-Location Env:
PS Env:\> Get-ChildItem
Name                           Value
----                           -----
(表示省略)
windir                         C:\WINDOWS
PS Env:\> Get-Content OS
Windows_NT
PS Env:\> sl env:
PS Env:\> gci
Name                           Value
----                           -----
(表示省略)
windir                         C:\WINDOWS
PS Env:\> gc windir
C:\WINDOWS

 いわゆるWindowsでドライブと言えば、通常は物理的に取り付けられたハードディスク単位でC:とかD:で扱うが、PowerShellでもドライブと呼ぶ。ただし、マイクロソフト公式解説書「Windows PowerShell実践システム管理ガイド」では本文中に「ドライブ(PSドライブ)」と表記しており(初版p.201~)、見出しではPSドライブとして表記されている。一方、「Windows PowerShellクックブック」では「ドライブ」と(初版p.67)、「Windows PowerShellポケットリファレンス」ではロケーションと表記されている(初版p.24~)。

WINDOWS POWERSHELL 実践システム管理ガイド (マイクロソフト公式解説書―マイクロソフトITプロフェッショナルシリーズ) Windows PowerShellクックブック Windows PowerShell ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE) 【改訂新版】 Windows PowerShell ポケットリファレンス