読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Vine Linux】XDMCPでWindowsパソコンからログインする

Vine Linux Linux

XmingASTEC-Xを使ってWindowsからLinuxを使うために必要な設定。以下は最低限必要な設定であることに注意。なお、確認はVine Linux 4.2で行っている。

/etc/X11/gdm/custom.confに以下の2行があることを確認する。

[xdmcp]
Enable=true

/etc/X11/fs/configの以下の1行をコメントアウト

no-listen = tcp

ファイヤウォールは無効にする。これは有効にしたほうがいいに決まっているが、この手に設定にとにかく問題を起こしがちなので、とりあえずファイヤーウォールは向こうにして接続できることを確認した後に、有効にしてあれこれ試したほうがよい。

以下のように2つのパッケージをインストールする。

# apt-get install XOrg-xfs
# apt-get install XOrg-libs

その後はxfsをリスタートすること。

# /etc/rc.d/init.d/xfs restart

GNOMEであれば、メニュー「デスクトップ」→「システム管理」→「ログイン画面」を選択。スーパーユーザーのパスワードの入力を求められるので入力する。そうすると「ログイン画面の設定」ウィンドウが開く。「リモート」タブを開いて最上部の「スタイル」の箇所を「簡易型」にして、下部の「閉じる」ボタンを押す。

インストール直後のVine Linux 4.2であれば、これでXDMCPで接続できるようになるはず。