読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Windows 8・Windows 8.1】Windows Updateが遅い、もしくは失敗ばかりする

Windows 8 Windows 8.1

自宅ではなく会社のようなネットワークにproxy(プロキシー)サーバーのある環境では、Windows 8はきちんとプロキシーの設定をしないとWindows Updateは動作が非常に遅かったり、あるいは失敗ばかりする。

proxyの設定は一般的にInternet Explorerインターネットエクスプローラー)の設定ばかり思い浮かべるが、Windows 8におけるproxyサーバーの設定は複数箇所あり、Internet Explorerでの設定はWindows Updateには適用されない。Windows 8が内部的に持っているproxyサーバーの設定を、会社なりの設定に合わせる必要がある。

まず、どこでもよいのでフォルダーを開いてウィンドウの上部にあるタブ「ファイル」をクリック。

コマンドプロンプトを開く」の横にある横三角をクリック。

コマンドプロンプトを管理者として開く」をクリック。

画面が暗くなりダイアログボックスが表示され、「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と確認される。「OK」ボタンを押す。

現在の状態を確認する。以下のように入力する。

> netsh winhttp show proxy

恐らく、以下のように表示されるはず。この状態では、内部的な設定ではプロキシーサーバーにつながない設定になっている。

現在の WinHTTP プロキシ設定:

直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。

そこで、以下のようにコマンドを実行することで、インターネットエクスプローラーで設定したプロキシーの設定を、内部的な設定に設定することができる。

> netsh winhttp import proxy source=ie

現在の WinHTTP プロキシ設定:

プロキシ サーバー: proxy.×××.co.jp
バイパス一覧 : ×××

インターネットエクスプローラーと同じ設定が表示されるはず。これで、内部的なプロキシーの設定も設定されたので、これでWindows 8.1へアップデートできるようになるはず。

できるWindows 8 (できるシリーズ) Windows 8完全制覇パーフェクト 500円でわかる ウィンドウズ8 (Gakken Computer Mook) すぐわかる Windows 8 ウィンドウズの操作や設定、新機能の使い方を完全解説 Windows8 究極の快適設定 2014 (TJMOOK) 世界一やさしいWindows8 誰でもできるXPからのらくらく引越しガイド 速効!パソコン講座 Windows 8 すぐわかる Windows 8 XPパソコンから乗り換える本