読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muni Bus

パソコンの操作方法や設定方法を忘れないようにメモしています。ブログを一回引っ越ししているので、所々表示がかなり乱れています・・・

【Excel 2007】折れ線グラフに誤差棒(エラーバー)を付ける

Microsoft Office

手順は以下のとおり。

  1. 折れ線グラフを作成する。リボンのタブ「挿入」→グラフグループの「折れ線」もしくは「散布図」にする。
  2. エラーバーを付けたい折れ線グラフの線の場所を左クリック。
  3. リボンにタブ「レイアウト」があると思うので、「レイアウト」の箇所をクリック。
  4. 右側の「分析」グループに「誤差範囲」があると思うので、これをクリックして、付けたいエラーバーを選択すればよい。

Excel 2003のように細かな設定をしたいのであれば、「誤差範囲」をクリックした後に現れるメニューの、「その他の誤差範囲オプション(M)...」をクリックすればよい。

Microsoft Office Excel 2007 できるExcel 2007 Windows 7/Vista/XP対応 (できるシリーズ) 500円でわかるエクセル2007―絶対使える!基本&上達テクニック (Gakken Computer Mook) 今すぐ使えるかんたん Excel 2007 (Imasugu Tsukaeru Kantan Series) Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Excel2007/2003対応 マイクロソフトオフィス教科書 Excel 2007 エキスパート (Microsoft Office Specialist) 改訂版 すぐわかる Excel データ集計&分析 Excel 2013/2010/2007 Excel VBA アクションゲーム作成入門 Excel 2007/2003/2002 対応 Excel 2007 ビジネス活用編 関数テクニック  R付